ハーブ&スパイスを取り入れた料理 〜冬から春におすすめのレシピ〜

マイルドなチキンカレー
Mild Curry with Chicken

【材料】4人分
とりむね肉          3枚
たまねぎ(みじん切り)    中3個
(A)
 ホールスパイス
 シナモンスティック     2cm
 黒コショウ         5〜6粒
 ベイリーフ         1枚
 赤唐辛子          1本
(B)
 パウダーのスパイス
 ターメリック        小さじ3/4
 クミンパウダー       小さじ2
 コリアンダーパウダー    小さじ2
 レッドチリパウダー     小さじ1/2
 トマトピューレ       200cc
ヨーグルト          大さじ3
しょうが(すりおろす)    梅干し大
サラダ油           大さじ3
塩              小さじ1 1/2


【作り方】
① たまねぎをみじん切りに、とりむね肉は皮を取り除いてひと口大に切る。
② 鍋に油を入れて火にかけ、Aのホールのスパイスを入れる。スパイスがはじけてきたら、たまねぎを加えて、薄いきつね色になるまで炒める。
③ Bのスパイスとトマトピューレを加え、混ぜながら炒める。ここにとり肉を入れ、軽く混ぜてからヨーグルトを入れて全体をよく混ぜ、しょうが、塩を入れてさらに混ぜる。
④ ③に中身がかぶるくらいの水を入れる。沸騰してきたら鍋にふたをして、中火で20分ほど煮込む。上に脂が浮かんできたら、でき上がり。器に盛って、ライスまたはパンといっしょに食べる。
※ヨーグルトは、ダマにならないよう、よく混ぜてから加える。アーモンドスライスやチーズを加えると、おもてなし料理にもおすすめ。

ドーシャ別スパイス活用法

【ヴァータ】乾燥を防ぐため、サラダ油の量を少し多めにする。唐辛子とレッドチリパウダーを少なめにし、コショウ少々を加えるといい。
【ピータ】このレシピのままでOK。食べる時に、コリアンダーの葉を散らす。
【カーファ】しょうがの分量を増やし、ヨーグルトはやや少なめに。食べる時に、ガラムマサラ少々をかけるといい。

ポイント
【風のドーシャである【ヴァータ】の人は乾燥しやすいため、乾燥を防ぐ油を多めに取ります。また、消化力が弱いのも特徴なので、消化の妨げになる唐辛子とレッドチリは控えめにし、代わりにお腹を温めて消化を助けるコショウを多めにします。
火のドーシャである【ピッタ】の人に加えるコリアンダーには、お腹を冷やし消化を助ける効果があります。
体が冷たくなりやすい【カパ】の人は、体を温めるしょうがとガラムマサラを多めにし、体を冷やすヨーグルトは控えめにするのがポイントです。




  • WATCH & CAREを取り入れた「tula」的ライフスタイル
  • tulaチェック
  • 毎日の生活にヨガを取り入れたtulaスタイル
  • アーユルヴェーダに学ぶ食の健康法
  • アーユルヴェーダに学ぶ食の健康法
  • tula Herb Supplement Series 補うのではなく整えるサプリメント
  • tula Body Care Series ご自宅で簡単に本格エステ
  • tulaチェック
  • メールでのお問合せ