ハーブ&スパイスを取り入れた料理 〜冬から春におすすめのレシピ〜

レンズ豆とかぶのカレー
Spicy Curry with lentil and radish

【材料】4人分
レンズ豆          2カップ
かぶ            2〜3個
たまねぎ          中1個
シナモンスティック     2cm
ベイリーフ         1枚
にんにく(すりおろす)   1かけ
しょうが(すりおろす)   少々
青唐辛子          1本
ターメリック        小さじ1
クミンパウダー       小さじ1 1/2
コリアンダーパウダー    小さじ1 1/2
レッドチリパウダー     小さじ1/2
ガラムマサラ        小さじ1/2
トマト           中1個
サラダ油          大さじ2
塩             小さじ1
コリアンダーの葉      お好みで適量


【作り方】
① レンズ豆を洗って鍋に入れ、豆の約3倍の水とターメリック小さじ1/2(分量の半分)を加え、豆がやわらかくなるまで茹でる。(約15分、指でつぶれるくらいのやわらかさが目安)
② たまねぎ、トマト、青唐辛子はみじん切りに、かぶは皮をむいてくし形に切る。
③ フライパンにサラダ油を入れ、シナモンスティックとベイリーフを加えて火にかける。香りが出てきたらたまねぎを加えて炒める。全体がきつね色になってきたら、残りのスパイス、青唐辛子、トマト、にんにく、しょうがと塩を入れて、トマトをつぶしながらよく炒める。
④ ③のソースができ上がったらかぶを入れ、カップ1/4の水を加えて煮る。かぶの色が変わってきたら①の鍋に移し、軽く混ぜながら約10分煮詰めてでき上がり。かぶの歯ごたえを残すのがポイント。
※好みでコリアンダーの葉を飾る。

ドーシャ別スパイス活用法

【ヴァータ】冬は特に乾燥するため、サラダ油を少し多めにする。また、しょうがの分量を増やし、食べる時にレモン汁少々をかける。
【ピータ】にんにくと青唐辛子を控えめにして、食べる時にレモン汁とコリアンダーの葉をかける。
【カーファ】しょうがの量を増やし、ガラムマサラをかけて食べる。

夏は野菜を沢山食べて全部のドーシャがバランスよく元気になること。

ポイント
風のドーシャである【ヴァータ】の人は、乾燥を防ぐ油を少しだけ多めに摂るよう心がけましょう。また、消化を助けるしょうが、体を弱アルカリ性に保ち疲れにくくする役割を持つレモン汁も、積極的に摂りたいもの。
いっぽう、【ピッタ】の人は、体を温めるにんにくと青唐辛子は控えめにし、お腹を冷やし消化を助ける働きを持つレモン汁とコリアンダーは多めにします。
反対に、体が冷たくなりやすい【カパ】の人は、体を温めるしょうがとガラムマサラを多めにするのがポイントです。




  • WATCH & CAREを取り入れた「tula」的ライフスタイル
  • tulaチェック
  • 毎日の生活にヨガを取り入れたtulaスタイル
  • アーユルヴェーダに学ぶ食の健康法
  • アーユルヴェーダに学ぶ食の健康法
  • tula Herb Supplement Series 補うのではなく整えるサプリメント
  • tula Body Care Series ご自宅で簡単に本格エステ
  • tulaチェック
  • メールでのお問合せ