ハーブ&スパイスを取り入れた料理 〜夏から秋におすすめのレシピ〜

キーマカレー
Keema Curry

【材料】4人分
玉ねぎ        大1個
生姜       ひとかけ
にんにく       ひとかけ
サラダ油       大さじ2
豚ひき肉       600g
トマトピューレ    150〜200cc
グリーンピース    3/4カップ
塩          小さじ1

(A)
シナモンスティック  2cm
ローリエ       2枚
赤唐辛子       2本
(B)
ターメリック     小さじ3/4
クミンパウダー    小さじ2
コリアンダーパウダー 小さじ2
レッドチリペッパー  小さじ1/2


【作り方】
① 玉ねぎは細かくみじん切りにする。生姜とにんにくをすりおろす。
② 鍋にサラダ油と(A)のスパイスを入れて、はじけてきたら、玉ねぎを加えて炒める。 焦げ付かないように玉ねぎを炒め、きつね色になるまで炒める。
③ 玉ねぎにひき肉と(B)のスパイスを加える。
④ 木べらを立てて、切るように炒める。団子にならない事を注意する。ひき肉に火が 通ってぽろぽろになるまで炒める。
⑤ トマトピューレ、グリーンピース、にんにく、生姜、塩を入れて混ぜる。
⑥ かぶるぐらいの水を加える。初めは強火にかけ、沸騰したら弱火にして煮る。
⑦ 15〜20分ほど煮ると、油がういてくる。これができあがりの目安。
⑧ 熱いうちにご飯かパンと食べる。

ドーシャ別スパイス活用法

【ヴァータ】ヴィータは消化が悪いので、消化を良くするためにもおろし生姜とクミンパウダーは入れる。肉の中でも比較的消化のよいチキンにするのもよい。
【ピッタ】ナッツを少なめで食べる。(ナッツが体を温めるから)
【カファ】体を温める作用のある、おろしニンニクと生姜を少し多めに入れる、赤唐辛子も増やす。

ポイント
【ヴァータ】の人は肉を食べるときは、消化を良くするスパイスを入れる。は肉のカレーは【ピッタ】の体温を上げてしまうので、唐辛子を減らしてレモン汁又はコリアンダーを入れる。逆に【カファ】は、体を温める作用のあるニンニクを入れるとよい。




  • WATCH & CAREを取り入れた「tula」的ライフスタイル
  • tulaチェック
  • 毎日の生活にヨガを取り入れたtulaスタイル
  • アーユルヴェーダに学ぶ食の健康法
  • アーユルヴェーダに学ぶ食の健康法
  • tula Herb Supplement Series 補うのではなく整えるサプリメント
  • tula Body Care Series ご自宅で簡単に本格エステ
  • tulaチェック
  • メールでのお問合せ