ハーブ&スパイスを取り入れた料理 〜夏から秋におすすめのレシピ〜

ミックス野菜カレー
Mix Vegetable Curry

【材料】4-5人分
じゃがいも      中3個
人参     小1本
ズッキー二      1本
長なす   4本
インゲン        10-12本
トマト        中1個
生姜 ひとかけ
青唐辛子       1本(みじん切り)
玉ねぎ       中1個
サラダ油 大さじ2
トマトピューレ    1カップ
塩 小さじ1
水          カップ1×2
コリアンダー(香菜) お好みで適宜

(A)
ベイリーフ    1枚
シナモンスティック  2cm
赤唐辛子  1本

(B)
ターメリック  小さじ1
コリアンダーパウダー 小さじ2
クミンパウダー 小さじ2
レッドチリーパウダー 小さじ1/4


【作り方】
① じゃがいも、人参は皮をむいて2cm角に切る。ズッキーニとなすも2cm角に切る。インゲンは3cmの長さに切り、トマトはざく切りにする。生姜をおろし、玉ねぎと青唐辛子をみじん切りにする。
② 厚手の鍋にサラダ油と(A)のスパイスを入れて、はじけてきたら、玉ねぎと青唐辛子を入れて薄いきつね色になるまで炒める。
③ 人参とじゃがいもを入れて少々炒めて1〜2分ふたをして蒸らす。ズッキーニ、なす、インゲンを入れる。中火でさっと炒める。
④ カップ1の水を加えて、ふたをして弱火で蒸煮する。
⑤ 野菜が3/4柔らかくなったら、(B)のスパイス、生姜、トマト、トマトピューレ、塩とカップ1の水を入れてざっと混ぜ合わせて。ふたをして、弱火で5〜7分蒸し煮にする。コリアンダーをかけて食べる。

ドーシャ別スパイス活用法

【ヴァータ】夏は熱いですので、元気が出ます。唐辛子を少なくして、アサフティダ(ヒング)を入れると消化にはよい。
→なぜ、唐辛子を少なくして、アサフティダを入れるのか?
唐辛子はヴァ−タを増やします。また、ガスが溜まることがありますので、アサフティダを入れます。
→アサフティダが日本では一般的でないので、"生姜を多く入れる"などでも可能か?
生姜を入れても良いです。

【ピッタ】このままで大丈夫です。食べるときに上にコリアンダーをかけて食べる。
【カファ】唐辛子を増やして、食べるときに生姜のスライスをちらす。

夏は野菜を沢山食べて全部のドーシャがバランスよく元気になること。

ポイント
風のドージャである【ヴァータ】の人は、お腹にガスが溜まりやすので、生姜を入れるとよい。火のドーシャをもつ【ピータ】は、お腹を冷やし消化を助ける働きを持つ、コリアンダーは多めにします。反対に、体が冷たくなりやすい
【カファ】の人は、体を温める唐辛子と生姜を多めにするのがポイントです。




  • WATCH & CAREを取り入れた「tula」的ライフスタイル
  • tulaチェック
  • 毎日の生活にヨガを取り入れたtulaスタイル
  • アーユルヴェーダに学ぶ食の健康法
  • アーユルヴェーダに学ぶ食の健康法
  • tula Herb Supplement Series 補うのではなく整えるサプリメント
  • tula Body Care Series ご自宅で簡単に本格エステ
  • tulaチェック
  • メールでのお問合せ